ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう

ストーリーの力

ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう 大昔から現在に至るまで、ストーリーほど読む者の心を打ち、聞く者の心を魅了し続けてきたものはありません。
文字がなかった時代、人々はよりよく生きていくために必要な教訓や情報を物語として次の世代に語ったり、絵にして伝えました。文字ができてからは、様々な情報を物語に記して伝えました。そうやって人々は世代や地域を越えて様々な「知恵」を伝達してきたのです。

また、物語はそういった情報伝達だけでなく、娯楽の中心としての役割も果たしています。
多くの人が幼いころから物語に親しみ、大人になってからも映画、ドラマ、小説などたくさんの物語と一緒に暮らしているのです。

なぜ、人々はこんなにストーリーに魅了されるのでしょうか?

それは優れたストーリーには、その物語の中に読み手や聞き手を引き込み、感情を刺激し、共感を起こして、行動を促してくれる力があるからです。フィクションであれ、ノンフィクションであれ、ストーリーの主人公の生き方に共感を覚え、自分の人生に大きな影響を受けた経験がある人は少なくないはずです。
それにストーリーは、人々を日常から切り離し、非日常の世界へと導いてくれる効果もあります。それがフィクションであると知りながら、自分とは異なる世界で活躍をする主人公に自分を重ね合わせ、夢中になった経験は誰にもありますね。

そんな、刺激がストーリーにはある。
だから人間は、いくつになってもストーリーに惹かれてしまうのです。

ストーリーマーケティングって?

ストーリーマーケティングは、人々が大好きなストーリーの力を使ったマーケティング。
でも、単に面白い物語を語って、お客様を楽しませよう…というものではありません。

歴史を通して、人々が物語の中に、価値ある提案や大切な知識、よりよく生きるための戒めやアイディアなど様々な情報を織り込んで伝えてきました。
このようにストーリーは情報を伝えるために使われてきましたが、単に情報を伝えるのと、ストーリーで伝えるのでは大きな違いがあります。
それはストーリーにすることで、読み手や聞き手に感情的なメッセージを伝えられ、行動を呼びかけることができることです。

例えば、「正直に生きることが大切」と教えるより、正直者の木こりと強欲な木こりが森の泉の斧を落とすイソップ物語の「金の斧、銀の斧」の物語を語る方が、感情を刺激し、共感を呼び、正直に生きるという行動を起こさせることができるのは、誰が考えても容易にイメージできることでしょう。

ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう このストーリーが持つ素晴らしい力を知っていた人たちは、広告マンなら取扱商品の魅力を伝えて購買を促してきましたし、クリエイターならスタッフの創造性を誘発し、弁護士は裁判員に依頼人の有罪や無罪を認めてもらい、政治家は票を獲得し、コメディアンは客を笑わせ、慈善団体は寄付金を集めてきました。
どんな目的であれ、聞き手にこちらの意図を伝え、共感を呼び、行動に向かわせることができるストーリーは、それを達成する最も効果的な方法として、一部の人たちに活用されてきたのです。

ストーリーマーケティングは、このストーリーが持つ魔法のような力を活用したマーケティング。見込み客を集め、成約し、自分の会社やお店のファンを作っていく各過程で、お客様とより良い関係を築き、効果的に収益を伸ばしていくためのマーケティングなのです。

ストーリーマーケティングのメリット

写真 ストーリーマーケティングには、次のようなメリットがあります。

1.お客様に商品の魅力や必要性、その価値を伝える
2.お客様に自社の魅力や他社との違い、その価値を伝える
3.お客様が持っている潜在的欲求に気づかせ、欲求を高める
4.お客様との信頼関係を築き、優良で継続的な関係を構築する
5.スタッフのモチベーションを高め、目標達成へと向かわせる

つまり、ストーリーマーケティングには、企業が顧客にへ行う一般的なマーケティング(エクスターナルマーケティング)と、スタッフや従業員に対して行うマーケティング(インターナルマーケティング)の両方に、効果を発揮してくれるのです。

※マーケティングという言葉は団体や個人によって様々に定義されていますが、ここでは「買い手の顕在ニーズや潜在ニーズを満たすことを、売り手と買い手の双方が喜びあえる形で実現することで、より良い関係を構築し、企業の収益を継続的に生み出す全ての活動、もしくはそのプロセス」と定義しています。

ストーリーマーケティングが収益を伸ばす

興味がなかった人が、興味を持つようになり行動を起こす。
欲しいと思ってなかった人が、欲しいと思うようになり行動を起こす。
今回限りと思っていた人が、ずっと付き合いたいと思うようになり行動を起こす。
このように買い手の心理を変化させ、行動を起こさせることで収益は作りだされます。

普通、人の心理を変化させることはとても難しいことなのですが、ストーリーが持つ魔法のような力を使えば、それをするのは可能になります。

ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう ストーリーは、いわばトロイの木馬のようなもの。
トロイア戦争の時代、苦戦を続けていた古代ギリシャ人は一計を案じました。
中が空洞の巨大な木馬を築き、その内部に兵隊を忍ばせてトロイア城門の外に置くと、逃げたふりをしたのです。
木馬を戦利品だと思ったトロイア人は、イーリオスの市内にそれを引き入れました。その夜、木馬の中に隠れていたギリシャの兵士たちは外に出て、城門の鍵を開けて城外に隠れていたギリシャの大軍を導き入れ、戦いはギリシャの大勝利に終わったのです。

戦略的なストーリーもこれと同じです。
商品や会社に関する様々な情報、生活に価値をもたらすアイディアや提案、関係を継続することのメリットやベネフィットなどを、聴き手の頭の中にこっそり忍び込ませる。
そして聴き手は自分ではハッキリと意識しないまま感情的なメッセージを受け取り、ストーリーが終わるころには、感情を刺激と、行動への呼びかけが聴き手の心に強く残るのです。

このようにストーリーには、感情を刺激し、共感させ、行動を起こさせる力があるので、ストーリーマーケティングを実行することで、あなたの会社やお店の収益を伸ばすことができるようになるのです。

ストーリーはスタッフも変える

ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう 興味がなかった人が、興味を持って行動を起こす。
欲しいと思ってなかった人が、欲しいと思って行動を起こす。
今回限りと思っていた人が、ずっと付き合いたいと思って行動を起こす。
このように対象の心理を変化させ、行動を起こさせることで収益は作りだせます。

ここまでの話を聞いて、ピンと来た人も多いのではないでしょうか?

そうです。普通、相手の心理を変化させることはとても難しいことですが、ストーリーが持つ魔法のような力を使えば、それをするのは可能になるのです。

ストーリーは、いわばトロイの木馬のようなもの。
トロイア戦争の時代、古代ギリシャ人は一計を案じました。
中が空洞の巨大な木馬を築き、その内部に兵隊を忍ばせてトロイア城門の外に置くと、逃げたふりをしたのです。木馬を戦利品だと思ったトロイア人は、イーリオスの市内にそれを引き入れました。
その夜、木馬の中に隠れていたギリシャの兵士たちは外に出て、城門の鍵を開けると、隠れていたギリシャの大軍が押し寄せ、戦いはギリシャの大勝利に終わりました。

戦略的なストーリーもこれと同じです。
商品や会社に関する様々な情報、生活に価値をもたらすアイディアや提案、関係を継続することのメリットやベネフィットなどを、聴き手の頭の中にこっそり忍び込ませる。
そして聴き手は自分ではハッキリと意識しないまま感情的なメッセージを受け取り、ストーリーが終わるころには、感情を刺激されたことと、行動への呼びかけが聴き手の心に強く残るのです。

このように、感情を刺激し、行動を起こさせるので、ストーリーマーケティングは様々な業界で結果を出すことができているのです。

ストーリーマーケティングで中小零細企業&パパママショップの売上アップ!楽しく儲けていきましょう